あと 78日11時間37分27秒

韓国鉄鋼業界、日本「高品質低価格」攻勢から鉄鉱石価格急騰で苦難続き


▼ページ最下部
001 2020/09/20(日) 19:37:46 ID:SFoTNkxhaM
韓国の2大通信社「聯合ニュース」と「news1」によると、日本製の鉄鋼材の低価格攻勢と鉄鉱石の価格急騰が重なりが韓国鉄鋼業界に追い討ちをかけている。またそれに新型コロナウイルス感染拡大が影響し、苦しい経営状況となっているそうだ。

日本製の鉄鋼材は品質が良い。さすがに品質の良さは韓国製の商品でも勝てないだろう。戦後20年間、日韓関係が「空白」だった以降、1965年の日韓協定で新日鉄の技術は韓国の浦項製鉄(POSCO)に受け継がれた経緯がある。韓国の中高年なら、誰もが知っている話だ。「本家」の技術を超えることは容易ではない。

 韓国国内の鉄鋼材の価格が上昇している一方、日本製の鉄鋼材の価格は年々下がり続けている。韓国国内における日本製鉄鋼材の輸入割合も増加していることから、韓国製の鉄鋼材がいかに買われていないかがわかるだろう。韓国の鉄鋼材が高い背景には、燃料コストの上昇が挙げられている。

 韓国のとある調査によると、建築資材の輸入量は前年同期比約25%減少。日本からの輸入が50%以上の急増となった一方、中国・ベトナムなどの国からは輸入が減少したからだ。

 関係者は日本の低価格攻勢で非常に苦しいが、それに対してできる対策は何もないとあきらめ顔だ。

 さらに別の関係者は言う。「最近は韓国国内の鉄鋼産業がこれといった成果を残していない。日本は低価格を押して参入してくるため、太刀打ちできない。日本国内の需要が減っているのも大きな理由の1つと考えられる。」
https://news.yahoo.co.jp/articles/80c2118960988785ca561...

返信する

002 2020/09/20(日) 19:50:52 ID:pR.UYH1Gbg
高品質で威圧されて差別を受けた
謝罪と賠償を要求する

返信する

003 2020/09/21(月) 03:34:00 ID:ONTRxLHXyk
>受け継がれた経緯がある
情報や技術の窃盗をどう解釈したら受け継いだことになるのか。
-------------------------------
2012年の記事
請求額約1100億円、印紙代だけで1億1657万円(!)という超巨額の賠償請求訴訟が今年4月、東京地裁に提起された。
原告は日本最大の鉄鋼メーカー・新日鉄(現・新日鉄住金)、被告は韓国の鉄鋼最大手・ポスコ。
原告側代理人には、日本最大のローファーム・西村あさひ法律事務所の15人の弁護士の名前がずらりと並ぶ。
訴状によると、ポスコと新日鉄元社員が結託して門外不出の技術をポスコへ漏洩していたというのだ。
-------------------------------
盗んで結局モノにできなかったことを今更騒いでいる。
また、材料扱う出す業者も低純度のかさ増ししたゴミを平気で持ってくる民度の低さが災いしている。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:3 KB 有効レス数:3 削除レス数:0





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:韓国鉄鋼業界、日本「高品質低価格」攻勢から鉄鉱石価格急騰で苦難続き

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)