あと 66日4時間26分7秒

「中国製より安い」日本の低価格攻勢…韓国鉄鋼業界「試練の溶鉱炉」


▼ページ最下部
001 2020/09/09(水) 08:14:18 ID:wjAuWzNlZU
「ノージャパン運動」で日本製品の韓国での販売が急減したが、例外もある。最近韓国の鉄鋼市場には中国製より安い日本製鉄鋼が押し寄せている。今年の新型コロナウイルス流行による鉄鋼需要減少と鉄鉱石価格の急騰で二重苦を体験する鉄鋼業界に心配事がまた増えた。安い輸入鉄鋼が市場を蚕食し鉄鋼メーカーの下半期価格引き上げ計画にも赤信号が灯った。

8日の鉄鋼業界によると、中国の熱延流通価格は4月の1トン当たり3427元から今月初めには4098元と19.6%上がった。同じ期間に韓国の熱延流通価格は6.3%上昇するのにとどまった。通常中国の鉄鋼価格が上がると韓国国内の鉄鋼価格もともに上昇したが今年は異なる流れが現れた。

業界では日本製鉄鋼材が韓国国内にダンピング水準の価格で大挙流入し国内鉄鋼価格上昇を妨げていると分析している。韓国鉄鋼協会によると1~7月に韓国に輸入された日本製鉄鋼は約137万トンで、全輸入量の37.5%を占めた。昨年より7.1ポイント増えた。熱延鋼板は日本製の割合が53.9%に達した。

今年の日本製熱延鋼板の平均収入価格は1トン当たり477ドル水準で、昨年より14.0%下落した。1トン当たり488ドルである中国製熱延鋼板より低い水準だ。1トン当たり68万ウォンである韓国製は価格競争力で押されるほかない市場構造だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/27003...

返信する

002 2020/09/09(水) 08:35:09 ID:8e7Lc2rWUs
30年かけて日本の企業が仕込んできたのがダンピング
つまり、労働賃金抑制
所詮、付加価値なんぞでは価格競争力には勝てない
国民を騙し騙し、中国の賃金がじわじわ上昇するのを横目に「日本の労働分配率は異常に高いキャンペーン」を張ってきた
そのためにデフレを維持してきたのだとも言える

返信する

003 2020/09/09(水) 11:42:21 ID:7lcg.u6HxA
国が溶解しそうですね

返信する

004 2020/09/09(水) 14:12:17 ID:dm2YPswW5o
>>3
溶解人間ニダ。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:3 KB 有効レス数:4 削除レス数:0





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:「中国製より安い」日本の低価格攻勢…韓国鉄鋼業界「試練の溶鉱炉」

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)