あと 67日1時間25分47秒

韓国の新生児が55ヶ月連続減少中


▼ページ最下部
001 2020/09/03(木) 23:35:33 ID:3v.jKTSe4E
月別出生児数が55カ月連続減少し、今年第2四半期の合計特殊出生率(女性1人が生涯産むと予想される平均出生児数)が0.84人で過去最低を記録した。昨年の合計出産率は0.92人まで下がったが、今年はさらに墜落すると予想される。

26日、統計庁の6月の人口動向によると、6月の出生児数は2万2193人で、6月基準で歴代最低だった。今年上半期に生まれた子供の数も14万2663人で、歴代の半年毎の出生児数の中で最も少なかった。一般的に、下半期より上半期に出生児数が多いため、今年の出生児数は30万人未満に低下することが確実視されている。

すでに企画財政部も今年の出生児数が26万?27万人程度にとどまるとの予測を出している。今年は少子化の深刻化で史上初の人口自然減少が始まると予想される。出生児数が減少し、昨年11月から8カ月連続で死亡者数が出生児数より多かった。すでに2018年に1人以下(0.98人)に落ちた合計特殊出生率は、昨年0.92人まで墜落した。

2018年の経済協力開発機構(OECD)37カ国の平均合計特殊出生率(1.63人)よりもはるかに低い水準である。OECD加盟国の中で合計特殊出生率が1人未満の国は韓国が唯一だ。今年は合計特殊出生率がより低下すると思われる。今年第1四半期の合計特殊出生率は0.9人で、昨年の第1四半期(1.02人)より0.12人減り、過去最低を記録した今年第2四半期の合計特殊出生率も昨年の第2四半期より0.08人より低い。
http://kaigainohannou.info/2020/09/03/post-22293...

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:2 KB 有効レス数:1 削除レス数:0





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:韓国の新生児が55ヶ月連続減少中

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)