あと 44日18時間41分51秒

サムスンが半導体市場で3位に墜落 半導体時価総額の順位を下げる


▼ページ最下部
001 2020/08/19(水) 16:12:13 ID:k6hTY6h5tk
サムスン電子が米GPU(グラフィック処理装置、Graphic Processing Unit)企業のNVIDIAに抜かれ、グローバル半導体時価総額で3位に順位を下げた。

グローバル半導体企業の時価総額が18日に発表されたところによると、時価総額で時価総額358兆ウォンのNVIDIAがサムスン電子を押し、世界2位に浮上した。サムスン電子は年明け比株価は6%上昇に止まったが、NVIDIAは同期間、104%も高騰した。

世界的な半導体市場で1位だったサムスン電子は、今年7月に台湾の委託生産企業(ファウンドリー)TSMCに抜かれて1位を奪われたが、わずか1カ月で売り上げ規模がサムスン電子の15分の1にすぎない半導体設計専門企業のNVIDIAに2位の座まで明け渡した。

NVIDIAの今年第1四半期の売上は30億8000万ドルで、サムスン電子の今年第1四半期の売上55兆3000億ウォンのわずか15分の1だ。1-3月期のサムスン電子の営業利益は6兆5000億ウォンで、営業利益だけでも同期間のNVIDIAの2倍だ。NVIDIAはGPUつまりグラフィック処理装置専門で、生産はすべて台湾TSMCなどパウンドリーに外注し、GPUの設計と関連サービスの開発に集中する「ファブレス」企業だ。

サムスン電子は昨年のメモリ半導体シェアで世界1位、ファウンドリーシェアで世界2位、イメージセンサーで世界2位、スマートフォン・高性能ディスプレイ・テレビで世界1位となり、モバイル機器の頭脳に当たるAP(アプリケーションプロセッサー)まで独自設計する総合半導体・家電企業だ。それでも売上・営業利益いずれもサムスン電子とは比べ物にならないほど小さなNVIDIAがグローバル資本市場の企業価値評価(時価総額)でサムスン電子を上回ったのだ。
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/54930775...

返信する

002 2020/08/20(木) 03:21:22 ID:YP7xyjIscI
蛆虫のくせに3位で墜落とか言ってんなよ(´・ω・`)

返信する

003 2020/08/21(金) 01:49:53 ID:L.S8rjXMO2
核心技術・基幹技術を持たない組立だけの企業は、いつかは取って代わられる。
アメリカ・日本・欧州の技術に金を払い、日本の設備を使って組立を行っている企業は
品質やコスト面などでバランスの取れてる時期だけ繁栄する。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:3 KB 有効レス数:3 削除レス数:0





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:サムスンが半導体市場で3位に墜落 半導体時価総額の順位を下げる

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)