あと 15日22時間0分41秒

「日本の鉄で作った韓国の船」…韓国鉄鋼苛立ち


▼ページ最下部
001 2020/07/14(火) 09:44:13 ID:5YUabiAkZE
東京オリンピック特需が霧散した日本の主要鉄鋼メーカーが国内造船会社を対象にダンピングを行い、国内鉄鋼会社が被害を受け不満が高まっている。 鉄鋼業界が今年第3四半期の値上げを推進している中、日本製鉄鋼が破格の安値で輸入され、前後産業間の対立が深まる様相を呈している。

鉄鋼業界によると、今年7-9月期に韓国に輸入される日本製の型鋼価格は1トン当たり64万-65万ウォンで、韓国産(1トン当たり70万ウォン)に比べ5万-6万ウォン程度低く策定された。 これを受け、国内大手造船会社による日本製型鋼の買い付けは急激に増え、A社の場合、日本製型鋼の買い付けの割合は今年に入り、90%を超えていることが分かった。

これを受け、鉄鋼会社の受注放棄事態まで発生した。 国内のA鉄鋼メーカーは最近、日本製製品の価格に合わせてくれという造船会社の要求を受け、第3四半期の受注をあきらめた。 B鉄鋼メーカーのある関係者は「造船会社が60万ウォン半ばの価格を提案してきたため、数回交渉を行ったが、製造原価にも満たない価格のため、受注をあきらめた」とし「東京五輪が流れたことで、余っている鉄鋼製品を韓国造船会社が大挙輸入し、日本製製品の比重を過度に増やすことは、国内鉄鋼会社の困難を増幅させる」と述べた。

鉄鉱石など原材料価格の引き上げを受け、鉄鋼会社各社は今年第3四半期の製品価格引き上げを推進している。 現代製鉄は今月から流通市場に提示する流通今後版と鉄筋価格を1トン当たり1万-2万ウォンほど引き上げた。 ポスコ(旧浦項製鉄)も第3四半期の鉄鋼価格引き上げを進めている中、需要先別の熱延価格を上方修正することにした。 このような状況の中、大手造船会社各社は価格交渉どころか、低価格の日本製製品の輸入比重を増やし、前後方産業間の対立はさらに高まる空気となっている。

鉄鋼業界は、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で国内外の需要が急減した上、原材料価格の引き上げ、輸入産ダンピングという三重苦を経験している。 証券業界のこの1ヵ月分の市場展望値平均(コンセンサス)によると、ポスコは連結基準第2四半期の営業利益が1556億ウォンにとどまるものと予想された。 昨年同期の1兆686億ウォンより85.4%急減した数値だ。 証券業界の一部では、ポスコが20年ぶりに初めて四半期赤字を出す可能性も持ち上がっている。 現代製鉄も3四半期連続の赤字行進を続けるものと予測された。 昨年第4四半期と今年第1四半期連続の赤字を出したのに続き、第2四半期も198億ウォンの赤字を記録するものと見込まれる。
http://kankokunohannou.org/blog-entry-14862.htm...

返信する

002 2020/07/14(火) 10:37:31 ID:EbypOA0f36
you無理しないで製鉄など辞めちゃいなよ

返信する

003 2020/07/14(火) 10:43:13 ID:tYtDl2Gph2
そもそも製鉄業自体が日本の技術支援と移転なんじゃないの?

返信する

004 2020/07/14(火) 11:55:58 ID:.nWTIHJtbU
ダンピングじゃなくて自分たち国内製の値上げ傾向と自分で書いてるじゃない
そもそもオリンピック建設需要(発注段階)なんてコロナの始め頃でさえとっくに過ぎてる

返信する

005 2020/07/14(火) 12:50:12 ID:GYmNGwpgDQ
>>3
製鉄を伝えたのはウリナラニダ!!!

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:4 KB 有効レス数:5 削除レス数:0





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:「日本の鉄で作った韓国の船」…韓国鉄鋼苛立ち

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)