あと 1日11時間32分44秒

韓国 船舶引渡し・受注、軒並み減少…造船業界「生き残れない」


▼ページ最下部
001 2020/07/07(火) 08:31:04 ID:5GNAkxasj6
グローバル船舶の引き渡しや受注が一斉に減少するなど、造船市場の業況低迷が長引く兆しを見せている中、国内造船業界の懸念も高まっている。 今年のグローバル市場の船舶引き渡し量が当初の予想より16%減少するという見通しが出た上、上半期の受注も前年比60%も減るなど、受注絶壁が現実化しているからだ。 国内造船業界も同様に、中型造船会社を中心に最近、構造調整に入るなど、対応に乗り出しているものの、容易ではないのが現状だ。

6日、英造船海運市況分析会社・クラークソンリサーチによると、今年のグローバル造船市場の新造引渡し量は、当初の予想より16%減少するものと見込まれている。 新種のコロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散で、中国の造船会社が生産に支障を来たし、船舶引渡しにも影響を及ぼしたものと分析される。 さらに、この2年間、船舶受注が減り、今年の引渡し規模も共に減少したという分析だ。 全般的に造船の市況が良くないという意味だ。

造船業界のある関係者は「船舶引渡し量の減少見通しはコロナ19の影響を直接的に受けた中国の造船会社の影響が大きいが、過去2年間グローバル造船業界の受注が少なかった側面もある」とし、「現在のように受注が低調だった場合、来年、再来年まで持続的に仕事が減り、船舶引渡し規模も減少傾向を見せるだろう」と説明した。

国内造船業界も同様だ。 直ちに、中型造船会社のSTX造船海洋や韓進重工業などが問題だ。 STX造船海洋は、今年の受注が1隻もなく、受注残量も来年第1四半期までが最後だ。 受注日照りにストまで悪材料が重なり、最近、全職員1100人を対象に希望退職を実施し、生存のための「踏ん張り戦略」に突入した。
http://kankokunohannou.org/blog-entry-14809.htm...

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:2 KB 有効レス数:1 削除レス数:0





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:韓国 船舶引渡し・受注、軒並み減少…造船業界「生き残れない」

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)