あと 86日20時間6分42秒

スト繰り返しに本社も支援中断…生死の岐路に立つ韓国中堅自動車3社


▼ページ最下部
001 2020/01/25(土) 22:29:04 ID:VOh99gUwpE
韓国GM、ルノーサムスン自動車、双龍自動車の外国系自動車3社が生死の岐路に立っている。これら3社の昨年の自動車生産規模は金融危機直後の2009年より少なかった。長期間の販売不振と構造調整、「労働組合リスク」などが重なった結果だ。

韓国自動車産業協会によると、現代・起亜自動車を除いた韓国GM、ルノーサムスン、双龍車の中堅3社は昨年70万7765台の自動車を生産した。不振だった2018年(80万2634台)に比べ11.8%減少した。グローバル金融危機直後の2009年(75万6725台)よりも生産台数が少ない。10年前の水準に戻ったのだ。

「生産の崖」を迎えた理由は複合的だ。2017年のTHAAD(高高度防衛ミサイル)国内配備に対する中国の報復に続き、18年の韓国GM群山(クンサン)工場閉鎖までが重なり、3年近く苦戦してきた後遺症が続いているという分析だ。労働組合の「習慣性ストライキ」も生産減少につながったと指摘されている。

今後がさらに問題だ。ルノーサムスンの日産ローグ受託生産は今年3月に終わる。年間生産台数のおよそ半分が消える。双龍車は新車も出せない。韓国GMもしばらくは生産台数を増やすのが難しい状況だ。危機は部品業界に転移している。ある部品会社代表は「中堅3社の不振が長期化すれば赤字に苦しんできた部品会社は持ちこたえるのが難しい」と話した。

韓国工場に関心ない海外本社

グローバル自動車市場が低迷し、韓国GM、ルノーサムスン、双龍車の3社の海外本社はしだいに韓国に背を向けている。韓国に配分していた物量を抜くなど投資に消極的だ。ルノーは欧州地域工場を、GMは米国および南米地域工場を優先する姿だ。一部の専門家は「GMとルノーは韓国をいつでも撤収できる生産基地と見ているようだ」と憂慮した。
https://japanese.joins.com/JArticle/26186...

返信する

002 2020/01/25(土) 22:37:18 ID:1Vyq0Pr3jQ
設備投資の元を取ったら工場閉鎖で。

返信する

003 2020/01/26(日) 02:27:41 ID:5c1sAS4vFY
その記事読んだだけだけど、もう終わってるじゃないか。
韓国名物の、赤字なのに賃上げ要求でストする労組なんて、もう誰も相手にしないだろうし。

返信する

004 2020/01/26(日) 14:18:17 ID:zWOwQgu7YE
・・・・・・・・永遠の属国 ・ 朝鮮、韓国

今こそ朝鮮・韓国人は、過去~現在まで置かれている自らの立場を理解すべきなのではないだろうか・・・・。

朝鮮・韓国側が、素直に認めれば済む話ですよね。認める事は、恥ずかしい事ですか?

朝鮮半島が、世界中から一人前としていつまで経っても認められない・・・・

いくつかの理由のひとつですね。 何をやっても駄目な朝鮮・韓国人ですね。

・・・・・・・・永遠の属国 ・ 朝鮮、韓国

返信する

005 2020/01/27(月) 22:47:19 ID:MHxy.KfL82
カイシャ潰れてもいいから

給料上げろ!ニダ

返信する

006 2020/01/28(火) 01:04:53 ID:GPwuyd4e.c
韓国人には犯罪(詐欺・窃盗・強盗・売春)など元手要らずの商売があるからな。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:3 KB 有効レス数:6 削除レス数:





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:スト繰り返しに本社も支援中断…生死の岐路に立つ韓国中堅自動車3社

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)