あと 101日13時間13分12秒

韓国 海外建設受注が30%減


▼ページ最下部
001 2020/01/10(金) 20:49:10 ID:2MaVh7fXgM
昨年、国内建設会社の海外建設受注実績が13年ぶりに最低値を記録した中、イランと米国の紛争で、今年受注見通しも暗雲が垂れている。 イランがイラクの米軍基地を襲撃することにより、中東の緊張が高まっており、極端な事態に駆け上がる可能性があるだけに、新規受注に気軽に出るのは難しいからだ。

8日、建設業界によると、イラクのは、現在、現代建設、大宇建設、ハンファ建設などが14のシーンを運営している。 現代建設GS建設、SK建設などが共同施工中カルヴィラ製油所の現場に660人が働いており、ハンファ建設のビスマヤ新都市の建設現場では、390人が勤務している。 大宇建設は、イラクでの4つの土木現場を運営しており、勤務中の韓国人労働者は、協力会社を含む全73名である。 休暇と出張を除いて、現地滞在中の韓国人は60人である。 紛争の発源地であるとは、国内の建設会社が進出していない状態だ。 現場がほとんど空襲ポイントと離れていて、被害はありませんが、現地の緊急対策班を運営しながら追加空襲などの状況を注視している。

現代建設は工事現場がバグダッドで800?以上離れているが、社内の緊急対策班を介して状況を見守って対応している。

現代建設の関係者は、「過去のリビアから撤退した事例をもとに、現場の状況に応じて段階的対応策があり、これを稼動中」とし「事態を注視しながら、外交部など当局と緊密に対応する」と述べた。

ハンファのイラクの事業所は、バグダッド南東約17?離れた地域である。 近くに米軍施設がなく、直接的な被害はない。 今回の爆撃があった、イラク、米国空軍基地は、バグダッドの基準北西にある。

建設業界では、今回のイランのイラクの米軍基地空襲の事態により、海外建設受注がさらに萎縮するだろうと見通している。 特に海外建設受注額は昨年、約210億ドルで、2018年より30%以上減少し、13年ぶりに最低値を記録した。
https://hosyusokuhou.jp/archives/48869029.htm...

返信する

002 2020/01/10(金) 22:17:16 ID:MWFvuVzCGY
ビル建てたら傾く
橋かけたら崩壊
ダム作ったら決壊

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:2 KB 有効レス数:2 削除レス数:





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:韓国 海外建設受注が30%減

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)