あと 53日9時間40分27秒

シベリア抑留 ロシアで発見の日本人文書 初開示


▼ページ最下部
001 2019/12/27(金) 11:07:10 ID:e4xBXu6XDc
一方、ロシア人の見張りにたばこをもらったエピソードもつづられ、「捕虜にあんな親切な人もいる」とロシア人との交流の一幕も記録されています。
別の資料にはトラックに乗せられて作業現場に向かう様子や、土地の造成を行う日本人たちの姿を描いた絵も掲載されています。
収容所の生活を撮影した写真を集めたアルバムでは、食事や医師による診察を受けている様子のほか、ソビエトの指導者スターリンの肖像画を描く日本人の姿もとらえられていて、当時、ソビエトが収容所の日本人に対してスターリンへの忠誠を誓わせ、社会主義を礼賛させたプロパガンダとみられる写真も残されています。
ロシアの資料館 資料の公開を検討
ロシアの国立軍事古文書館は、ソビエト時代のおよそ740万点に上る資料を集めた、軍事関連ではロシア最大の資料館です。
保管されている資料の中には、第2次世界大戦後にシベリアに抑留された日本人や、ドイツ人など、外国人に関する膨大な資料も含まれています。
ロシアは、日本と1991年に結んだ協定に基づいて機密指定が解除されたタイミングなどに合わせて資料を開示し、写しを提供してきました。
開示されてきた資料は、収容所の名簿や死亡記録などの資料が多く、これまでに死亡したとみられる人のうち、およそ3万8000人の特定につながりました。
軍事古文書館のコロタエフ副館長は、日本人が記した文章などが含まれた資料を初めて開示した理由について、死亡者の特定を進めたい日本側の要望に応えるためだとしたうえで、「日本と資料研究の分野で協力できると思う」と述べました。
コロタエフ副館長は、こうした資料について「展覧会や出版、それに最新のデジタル技術でインターネットを通じて公表することも可能だ」として、何らかの形で公開することを検討していると明らかにしました。

以下略
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191226/k1001222930...

返信する

002 2019/12/27(金) 14:09:58 ID:ngKKHaY5Ok
釜山に抑留された日本人の資料は無いのかね

返信する

003 2019/12/28(土) 19:06:19 ID:WFB/A8rZLQ
当時の一般ロシア人も過酷だったらしいね

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:2 KB 有効レス数:3 削除レス数:





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:シベリア抑留 ロシアで発見の日本人文書 初開示

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)