あと 19日21時間56分16秒

消えた半導体落水効果…18業種のうち13業種、純利益の減少


▼ページ最下部
001 2019/11/19(火) 19:19:19 ID:eHfgIeaG0M
有価証券市場上場企業の第3四半期の累積営業利益と純利益が前年比50%前後減少し、サムスン電子(005930)とSKハイニックス(000660)を除外しても、純利益が20%以上減少したことが分かった。全18業種のうち13業種が純利益が減少したか赤字転落、または赤字維持が続いた。

半導体業界だけ不振だったわけではないという話だが、これに関して証券業界の一部では、韓国の産業の多くは、半導体などの電気電子業種が活況を呈してなければならず、その恩恵を享受する構造だからだと説明した。ここで米中貿易紛争などのグローバル輸出環境の悪化と最低賃金の引き上げ、週52時間制などが内需不振に影響を及ぼしたというのが専門家たちの分析だ。

18日、韓国取引所と韓国上場企業協議会が発表した「有価上場企業(12月法人)2019年第3四半期の決算」によると、サムスン電子とSKハイニックスを除いても、上場企業677社の第3四半期までの累積売上高と営業利益、純利益(別枠)がそれぞれ4兆ウォンと5兆ウォン、8兆ウォン減少したことが分かった。売上高は0.56%減少し、営業利益と純利益はそれぞれ12.77%、24.10%減少した。

営業利益率と純利益率もそれぞれ0.65%ポイント、1.10%ポイント減少した4.67%、3.54%にとどまった。 1000ウォン分を売った純利益が35.4ウォンにとどまったのである。

目立つのは、純利益の減少がほとんどの業種でまんべんなく分散されたという点だ。運輸設備やサービス業など5業種は、純利益が増えたが、電気電子をはじめ、13の業種は、純利益が減少した。運輸機器の好調は、現代自動車グループの実績が前年比で改善されたためと推定され、純利益が増加した他の業種はサービス業、流通、医薬品などであった。

利益の減少業種をみると、医療精密(-79.07%)と繊維衣服(-74.26%)、電気電子(-65.76%)、飲食料品(-60.99%)、化学(-38.37%)、紙、木材(-22.74%) 、建設業(-22.59%)、鉄鋼金属(-20.09%)、非金属鉱物(-15.75%)、通信業(-4.83%)などだった。また、運輸倉庫業は赤字転換し、電気ガス業は赤字を持続した。
http://kankokunohannou.org/blog-entry-12994.htm...

返信する

002 2019/11/19(火) 22:31:50 ID:1xfqOWwOWA
フッ化水素の自国生産は完了したニダ!!!!

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:2 KB 有効レス数:2 削除レス数:





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:消えた半導体落水効果…18業種のうち13業種、純利益の減少

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)