あと 17日14時間31分26秒

韓国政府が認めない対米日中ロ外交の崩壊


▼ページ最下部
001 2019/06/08(土) 18:26:19 ID:klVfU1dLz2
「大阪での主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)」まであと3週間だというのに、韓国政府は日本をはじめとする主要国との首脳会談開催すら確定していない状態だ。これは危機的な韓国の外交の現状を示している。

韓国政府は長い間、習近平中国国家主席の訪韓に力を入れてきたが、結局実現に至らなかった。韓日関係の行き詰まりは韓米日3カ国共助にも悪影響を与えている。日本政府は「北朝鮮による海上での違法な物資積み替え(瀬取り)監視のため東シナ海で先日行われた7カ国統合作戦から韓国だけ外れた」と公に問題提起した。米国も最近、韓日関係正常化を促している。国策研究所関係者は「このような現象は韓日間の信頼関係が崩れているから起こることだ。このままでは韓米日3カ国共助が機能しない事態に至る恐れがある」と語った。

 中国との関係も薄氷を踏むような状態だ。韓国政府は最近、中国から「米国の『反ファーウェイ』キャンペーンに反対しろ」と要求されていることが分かった。ハリー・ハリス駐韓米国大使が5日、韓国企業に「ファーウェイの機器を使うな」と圧力を加えた後、中国の対抗姿勢も一層強硬になったという。こうした中、政府が力を入れてきたG20サミットをきっかけにした習近平主席の訪韓話は結局実現に至らなかった。大統領府関係者は同日、「習近平主席はG20時に訪韓しない」と認めた。

ハリス大使は今月5日に続き同日もファーウェイ機器を使うなと公の場で要求、韓日の確執についても「(安保懸案と関連して)韓日双方の積極的な関与なしに解決することはできない」と懸念を示した。米国の外交官が公の場で、韓日関係行き詰まりの責任は韓国にあるというような発言をしたのは非常に異例だ。外交部官僚だった人物は「トランプ米大統領が今月末、ソウルに来て話すことの『予告編』を見た感じがする」と言った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/08/2019060880008.html

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:1 KB 有効レス数:1 削除レス数:





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:韓国政府が認めない対米日中ロ外交の崩壊

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)