あと 67日15時間10分40秒

韓国経済マイナス成長率の衝撃 大幅なマイナス成長


▼ページ最下部
001 2019/04/25(木) 16:59:40 ID:xWifgJkzPc
今年1四半期の実質国内総生産(GDP)が金融危機時の2008年4四半期以後、最も大幅なマイナス成長(-0.3%)をしながら、市場では「衝撃的だ」という反応とともに景気低迷への懸念が広がっている。

1四半期の経済が後ずさりしたのは、消費から政府支出、投資、輸出に至るまで、経済状況全般が低迷したためだ。

主要経済指標に現れる韓国経済の活動が活力を失い、力を出せない状況で、これまで内需を支えてきた政府支出の減少が決定的な打撃を与えた。

ここ数年間、韓国経済の成長をけん引してきた半導体は、景気減速にもかかわらず輸出物量が最近再び増え、実質成長率には否定的な影響を及ぼさなかった。ただし、昨年4四半期に集まった半導体設備投資は1四半期の急激な投資の減少に直撃した。

韓国経済の「成長エンジン」である輸出不振も成長率に決定的な打撃を与えた。

輸入減少幅(マイナス3.3%)がもっと大きい輸出減少がGDPに及ぼす影響を相殺しただけで、輸出は今年に入って前期比2.6%減少した。

昨年12月以降、輸出金額の減少に続き、2~3月には実質成長率と密接な輸出物量の減少が一緒に現れた。 特に液晶表示装置(LCD)など電気?電子機器の減少幅が大きかった。

半導体産業の場合、今年に入って輸出量が減少しなかったものの、半導体関連の設備投資が大幅に減少したのが全体設備投資の減少(-10.8%)に否定的な影響を及ぼした。
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/53290754.html

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:1 KB 有効レス数:1 削除レス数:





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:韓国経済マイナス成長率の衝撃 大幅なマイナス成長

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)