あと 61日5時間10分23秒

米がイラン原油全面禁輸へ…韓国石油業界への打撃必至


▼ページ最下部
001 2019/04/23(火) 08:11:10 ID:XeAJSszgHA
 対イラン制裁に関連して「ゼロ・トレランス(不寛容)」の原則を鮮明にした米国政府が、韓国など8か国・地域に対して一時的に認めていた「イラン産原油の禁輸適用除外」の措置を延長しない方針であることが22日までに分かった。今後、いかなる理由でも、イラン産原油を輸入した国に対して米国は経済制裁に乗り出すというわけだ。米紙ワシントン・ポストやブルームバーグ通信など米国の主要メディアは21日(現地時間)、米国務省当局者の話としてこのような内容を伝えた上で、ポンペオ国務長官が22日に発表する見込みだと報じた。

 イラン産原油の輸入が禁止されれば、韓国国内の石油化学業界への打撃も予想される。3−4か月前までイラン産原油の禁輸除外措置の延長を楽観視していた韓国政府は対応に追われている。韓国政府の関係者は「米政府の実務者たちは韓国の禁輸除外措置の延長を考えていたが、ホワイトハウスのムードが急に厳しい方向に変わったと聞いている。米国を説得するために緊急の対応策を練っている」と話した。

 韓国はこれまで、イラン産原油の輸入量を徐々に減らしてきた。大韓石油協会によると、韓国のイラン産原油輸入は昨年3月には全輸入量の14%だったが、8月には2.1%へと急減した。今年は1月に2.1%、2月には8.6%だった。

 しかし、コンデンセート(超軽質原油)については、韓国の年間輸入量の約50%(2017年基準)がイラン産だ。石油化学業界の関係者は「イラン産コンデンセートは、石油化学製品の基本原料であるナフサの含有量が多く高品質で、他の地域のものより1バレル当たり2−6ドル安い」として「イラン産原油の輸入が禁止されれば、国際市場でコンデンセートが減少するため、価格が高騰して生産性の悪化が避けられないだろう」と話した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/22/2019042280200.html

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:1 KB 有効レス数:1 削除レス数:





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:米がイラン原油全面禁輸へ…韓国石油業界への打撃必至

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)