あと 11日7時間53分20秒

米朝会談決裂で、南北経済協力関連株が急落


▼ページ最下部
001 2019/03/01(金) 07:46:54 ID:BpmGvW8KZE
「ハノイショック」でKOSPI指数が40ポイント近く下落し、結局2200台を割り込んだ。ベトナムのハノイで開かれた米朝首脳会談が決裂したというニュースに、投資心理は急速に冷え込んだ。

28日、小幅な下落でスタートしたコスピは、取引終了を30分ほど控えた午後3時ごろ、30ポイントを超える急落へと転じた。北米首脳会談の昼食と署名式がキャンセルされたというニュースが伝えられた直後だ。 結局、コスピは前日より39.35ポイント(1.76%)安の2195.44で取引を終えた。

最近、追い風に乗っていた南北経済協力関連株も急落した。金剛山観光関連株に数えられるアナンティは、前日より25.83%安の2万1100ウォンで取引を終えた。同日、コスダック市場でアナンティは、取引中一時2万8650ウォンまで上昇したが、取引が終わる直前に下落傾向に変わった。 アナンティは、昨年末の株主総会で世界的な投資者であるジム?ロジャーズを社外取締役に迎え入れた。

コスダック指数も20ポイント以上急落した。 同日のコスダック指数は,前日より20.91ポイント(2.78%)下がった731.25で取引を終えた。 今月12日(730.58)以来最も低い水準だ。

韓国投資証券のキム?デジュン研究員は「米朝首脳会談で予想できなかった結果が出て、市場の雰囲気が急速に冷え込んだ」と話した。 同氏は「これまで国内証券市場に反映されていた期待が失望に変わる様相」とし「当分、証券市場の変動性が大きくなりそうだ」と説明した。

金剛山観光関連株として関心を集めていた、現代エレベーターも、前日より18.55%安の9万5300ウォンで引けた。

南北経済協力が可視化すれば、恩恵を受けるものと期待されていた鉄道関連株も軒並み降りた。 現代ロテム(-12.20%)とエコマイスター(-17.63%),プルン技術(-18.16%)などは10%以上下落した。

北朝鮮内の電力インフラ事業への期待で上昇していた電力関連株も下落に転じた。製龍電気(-18.34%)をはじめ、先導電気(-18.77%)、光明電気(-13.99%),梨花電機(-10.53%)なども株価が大幅下落した。
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/53084500.html

返信する

003 2019/03/01(金) 12:38:31 ID:VbaDiREHy6
韓国破産→北に吸収→米軍が朝鮮半島空爆→金王朝崩壊→中国による傀儡政権爆誕

or中国に併合→日米英中露による経済支援というか支配←(゚д゚)ウマー

返信する

004 2019/03/01(金) 12:46:00 ID:vvP7Y/rj4Y
文ちゃんが一番打撃を受けてると思うわ

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:2 KB 有効レス数:3 削除レス数:1





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:米朝会談決裂で、南北経済協力関連株が急落

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)