あと 140日18時間52分50秒

韓国の最低賃金上昇で雇用「16万個」が消滅


▼ページ最下部
001 2018/01/14(日) 15:19:22 ID:YYY1uQA8CI
最低賃金の引き上げで庶民の働き口が1年間で16万も減ったことが分かった。

今月10日、毎日経済は、統計庁資料を引用して最低賃金の引き上げ幅が確定された7月に'販売従事者'と'機能員および関連従事者'職業群の就業者数が6万2千人も減少したと報道した。

報道によると、昨年12月にはおよそ15万7千人も減り、各種会員組織を管理し、お金を受け取る「管理者」職群も2千も消えた。

最低賃金アップの負担に、職員を隠す自営業者たちが大幅に増え、売場の販売員、製菓、自動車整備士などといった庶民の雇用が1年間で16万も減ったということだ。

就業者数を産業別にみると、宿泊・飲食店業(-4万9千人)、教育・サービス業(-2万5千人)分野で大幅に減少した。

庶民の働き口の減少で、先月の就業者増加幅は前年同月比1%増加した25万3千人に止まった。 当初の政府目標だった30万人に満たない数値だ。

また、3カ月連続で就業者増加幅が20万人台にとどまったが、これはグローバル金融危機に見舞われた2007年半ばから2010年初めから、初めてだ。
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/51381988.html

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:1 KB 有効レス数:1 削除レス数:





ニュース東亜掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:韓国の最低賃金上昇で雇用「16万個」が消滅

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)